大学既卒元ニートが大手企業に就職した体験談

2011年大卒既卒元ニートが就活し、紆余曲折を経て大企業に就職した話です。

【職業訓練39日目~44日目】AutoCADを使用した2次元CADのテスト

筆記試験と実技試験

ついにテストが実施されました。筆記試験は良かったですが、実技試験がてこずりました。

 

テストの概要

年初め一発目は近々行われるテストの内容についての説明をされました。

どこがテストに出るのか詳しく説明してくれました。

筆記試験が午前中、実技試験が午後と1日いっぱいかけてテストをするそうです。

 

テストの勉強

テストに何が出るか説明を受け、あとはテスト勉強の時間になりました。今までやった課題を復習したりしました。

 

テスト本番

職業訓練を始めて2カ月ちょっと、今まで2次元CADを学習してきましたが、今回は2次元CADのテストでした。

テストは筆記試験と実技試験が行われました。筆記試験は午前中、実技試験は午後です。

 

筆記試験

筆記試験は全50問で、与えられた設問に対して〇×で解答するものでした。

ひっかけ問題がいくつかあり、けっこう苦戦したと思います。

ただ、思ったよりも解けた感じなので、8割くらい得点できたのではないかと思います。

 

実技試験

実技試験は与えられた問題をトレースするものでした。

それと、問題の中に誤りが五ヵ所あるので修正した状態で提出するというものでした。

筆記試験と比べて実技試験のほうは苦戦を強いられました。

誤りを訂正しながら製図しなければならなかったため、どこが誤っているのか考えすぎてしまい、思った以上に時間がかかってしまいました。

おかげでトレースだけで時間ギリギリまでかかってしまい、誤りを訂正するまでは叶わなかったです。

 

まとめ

筆記試験は問題無かったが、実技試験のほうは大変でした。

思えば要領が悪かったと思います。もっと計画的にトレースすることを考えればよかったです。